School Life~部活動

 本校には文化系・体育系の部活動、そして本校ならではの学校クラブが活動しています。


北海道富良野緑峰高等学校
H31.4.1

「平成31年度 北海道富良野緑峰高等学校の部活動に係る活動方針」

活動方針策定の趣旨等

1 適切な運営のための体制整備

(1)設置する部活動

 本校は、今年度、次の(又は別紙の)部活動を設置する。

(2)「部活動に係る相談・要望の窓口」の設置

(3) 年間の活動計画、毎月の活動計画及び活動実績の作成・提出

(4) 指導・運営に係る体制の構築

2 合理的でかつ効率的・効果的な活動推進のための取組

(1) 運動部活動における適切な指導

(2) 文化部活動における適切な指導

(3) 部活動用指導手引の活用

3 適切な休養日等の設定

(1) 休養日の設定

 学期中の休養日の設定については、次のとおりとする。

 長期休業中の休養日の設定は、学期中に準じた扱いを行う。 また、生徒が十分な休養を取ることができるとともに、部活動以外にも多様な活動を行うことができるよう、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設ける。

(2) 活動時間の設定

(3) 高等学校における休養日等の設定

 上記(1)及び(2)の基準を基本とするが、部活動顧問からの申出がある場合、申出のあった部活動が北海道○教育委員会が別に定める要件に当てはまり、校長が当該部活動の活動計画及び活動実績等を確認し、下記(4)の休養日の下限及び活動時間の上限の範囲内での活動を行うと認められる場合には、休養日や活動時間を弾力的に設定することも考えられる。その際には、学校全体として、持続可能な部活動の運営体制の構築を図る。

(4) 原則の特例(及び高等学校段階における弾力的な休養日等の設定)

上記(1)及び(2)に掲げる原則(休養日~週2日以上(平日1日以上・週末1日以上)、活動時間~平日2時間程度・休業日3時間程度)の特例(大会等の日の前日から起算して1か月以内の期間の場合)及び上記(3)に掲げる高等学校段階における弾力的な休養日等の設定に当たっては、成長期にある生徒のバランスのとれた生活や、部活動指導に関する教師の負担軽減の観点から、休養日の下限及び活動時間の上限は、次のとおりとする。

ア 休養日の下限
イ 活動時間の上限

(5) 部活動の特性に応じた休養日等の設定

 積雪のため屋外での活動が制限される野球部、サッカー部、陸上部、テニス部、ソフトテニス部、主に冬季に行われるスキー部についても、休養日及び活動時間は上記(1)及び(2)の基準を原則とするが、原則どおり運用することが困難と認められる場合は、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設けることを前提に、特例的な取扱いとして、次のように実施することもある。

 ただし、こうした実施の仕方の場合であっても、成長期にある生徒がバランスのとれた生活を送ることができるよう、上記(1)及び(2)の基準と異なる休養日や活動時間の設定が常態化しないよう休養日や活動時間を設定する。

(6) 方針策定・運用に当たっての留意事項

 校長は、「学校の部活動に係る活動方針」の策定に当たっては、国のガイドラインの基準を踏まえるとともに、「道立学校に係る部活動の方針」則り、各部活動の休養日及び活動時間等を設定し、公表する。また、校長は、各部活動の活動内容を把握し、適宜、指導・是正を行う等、その運用を徹底する。

4 生徒のニーズを踏まえた環境の整備

(1) 部活動の設置、統廃合

 校長は、生徒と部活動顧問の負担が過度にならないよう適正な数の部活動数を考慮した上で、既存の部活動の統廃合などと合わせて、競技力や技能の向上や大会等での成績以外にも、適度な頻度で行ったり、スポーツ・芸術文化等の活動に興味と関心をもつ同好の生徒が、学級内とは異なる人間関係を形成したりする等、生徒の多様なニーズに応じた活動を行うことができる部活動の設置について検討する。
なお、部活動の設置や統廃合に当たっては、校内でガイドラインを作成するなどして、生徒や保護者の理解の下、長期的な見通しをもって行う。

(2) 合同チーム等の編成

 部活動顧問は、合同部活動の取組について、例えば、平日は自校での練習を中心としながら、週末や大会等の直前のみ合同練習を行うなど、双方の移動に係る時間を含め、合同チームや合同練習による活動を行うことにより、生徒と部活動顧問の負担が過度とならないこと等を考慮した上で、実施の可否について校長の承認を得ることとし、校長は、関係する校長と協議の上、教育課程との関連を勘案して、実施の可否を判断する。
 なお、合同練習などを行う際の移動時間については、生徒の活動時間には含めないこととするが、長時間の移動を伴う合同練習等の実施に当たっては、成長期にある生徒が、教育課程内の活動、部活動、学校外の活動、その他の食事、休養及び睡眠等の生活時間のバランスのとれた生活を送ることができるよう配慮した実施回数とする。

(3) 地域との連携等

5 学校単位で参加する大会等の見直し

 校長は、本方針の「3 適切な休養日等の設定」に示した休養日等が年間を通じて適切に設定されることを前提に、生徒の教育上の意義、生徒や部活動顧問の負担が過度とならないこと等を考慮して、学校の部活動が参加する大会等(地域からの要請により参加する地域の行事、催し物等を含む。以下同じ。)の回数に上限の目安等を定め、参加する大会等を精査する。

6 部活動の充実に向けて

(1) 部活動指導の充実を図る取組

 校長は、部活動の教育的意義を踏まえ、効果的に部活動指導を行い、成果を上げている事例を把握し、部活動の適切な実施及び充実に資するよう校内及び管内での普及に努める。

(2) 女子の指導に当たっての留意点

 女子の指導に当たっては、女性特有の健康問題(女性アスリートの三主徴(利用可能エネルギー不足、無月経及び骨粗しょう症)、貧血等)の予防対策に関する正しい知識を得た上で指導を行う。

(3) 部活動顧問と生徒の信頼関係づくり

 部活動は、生徒の自主的、自発的な参加により行われる活動であることを踏まえ、校長は、部活動顧問に対し、次のことを徹底するよう指導する。
また、部活動顧問は、校長の指導を踏まえ適切な指導を行う。

(4) 部活動内の生徒間の人間関係形成、リーダー育成等の集団づくり

 部活動においては、複数の学年の生徒が参加すること、同一学年でも異なる学級の生徒が参加すること、生徒の参加する目的や技能等が様々であること等の特色をもち、学級担任としての学級経営とは異なる指導が求められることを踏まえ、校長は部活動顧問に対し、次のことを徹底する。 また部活動顧問は、校長の指導を踏まえ適切に指導を行う。

(5) 家庭や地域との連携を図る取組

 校長及び部活動顧問は、部活動参観として保護者に部活動を公開する場を設けることなどに協力し、保護者の部活動への理解を深め、学校と家庭が連携しながら部活動指導に取り組めるよう環境づくりに努める。
上記5の精査に当たっては、部活動が、地域の人々の協力や地域の関係団体との連携、民間事業者の活用等により、学校と地域が共に子供を育てるという視点が重要であることに十分配慮して、判断する。

(6) 障がいのある生徒の部活動の充実

 校長及び部活動顧問は、部活動等を通じて、障がいのある生徒と障がいのない生徒が交流する場を設けるよう努める。

終わりに

 校長は、本方針を毎年度策定するとともに、必要に応じて内容の見直しを行う。

体育系

陸上部

継続は力なり~諦めなければ夢は叶う~

 陸上部のモットーは「継続は力なり」です。陸上競技は日々の練習の積み重ねです。陸上競技には「走る」「歩く」「跳ぶ」「投げる」を基本とした数多くの種目があります。また、個人種目の他に、短距離のリレーや駅伝競走もあり、個人種目、団体種目両方を楽しむ事が出来ます。 詳しくは陸上部のブログをご覧下さい。
 陸上部ブログ~継続は力なり 諦めなければ夢は叶う~

スキー部

世界での活躍を目指して

 スキー部は、全国高校スキー大会・全国高校選抜スキー大会・全日本選手権スキー大会の優勝・入賞を目指し、日々練習に取り組んでいます。全国優勝は、これまで女子5名・男子1名が成し遂げています。将来世界での活躍を目指し、富良野地域の選手が合同で夏場(5/7~11/10)も冬(11/11~5/6)もトレーニングに励んでいます。

  • インターハイGS亀渕インターハイGS亀渕
  • インターハイSL亀渕1インターハイSL亀渕1
  • インターハイSL亀渕2インターハイSL亀渕2
  • インターハイSL亀渕3インターハイSL亀渕3
  • インターハイSL亀渕4インターハイSL亀渕4
  • インターハイSL柴尾1インターハイSL柴尾1
  • インターハイSL柴尾2インターハイSL柴尾2
  • インターハイSL柴尾3インターハイSL柴尾3
  • インターハイSL柴尾4インターハイSL柴尾4
  • インターハイのぼりインターハイのぼり

男子バレーボール部

 部員数は多くないけれど、新たなチーム作りと、基礎・基本に重点をおいた練習に励んでいます。これから「素直な心」「謙虚な心」「考える力」を身につけるため精進していきます。

女子バレーボール部

 毎日、基礎的な体力づくり、技術の向上、そして大会での上位入賞を目指し練習に励んでいます。全員が一丸となって戦う「全員バレー」を心がけ、多くの人に感動を与えられるよう努力することをモットーとしています。 どうぞ皆様に応援をよろしくお願いします。

テニス部

 硬式テニス部は、高体連に向け、本校テニスコートで日々、連周に励んでいます。高体連以外にも協会主催の大会もいくつかあり上位入賞を目指して頑張っています。入部するほとんどの生徒が初心者ですが、1年後には初心者とは思わせないほど成長しています。

バドミントン部

 私たちバドミントン部は、人数はくないけれど毎日練習をしています。毎日は体育館が使えませんが、ランニングや筋トレそして基礎練習を中心に活動し、全員1部を目指して頑張っています。初心者でも大歓迎ですのでよろしくお願いします。

山岳部

 夏は中庭、冬は4Fの実習室を借りて、日々ボルダリングの練習を楽しくやっています。夏は国体予選、秋に北海道選手権などの大会に出場し、全国大会を目標に頑張っています。

卓球部

 卓球好きが14人弱集まっています。中学校で、全道大会に出場した人もいれば、高校生になって初めて卓球をする人もいます。部員同士がとても仲が良く、先輩後輩もよい雰囲気です。団体戦で全道大会出場を目標に、全員で練習に励んでいます。

サッカー部

 昨年度は人数が少なく、なかなか11人で試合ができずに苦しい一年でした。それでも高体連、道北プリンスリーグ(2部)、選手権大会に出場しました。なかなか勝つことができず、悔しい思いをしてきました。 サッカーが好きな人なら大歓迎です。ぜひ、緑峰サッカー部に力を貸してください。一緒に富良野のサッカーを盛り上げましょう。

野球部

やりきる野球

 みなさんこんにちは緑峰高校野球部です。我が部では、

  1. 一体感を持って明るく
  2. 気をまわせ
  3. 頑張りどころで踏ん張る
  4. 形を持て
  5. 素直な心

という部訓のもと心地よく野球に取り組んでいます。野球好きな仲間がたくさん集まってほしいです。もちろん野球することに迷いがある人もウエルカムです。やがて、それが前向きな心に変わり迷いなくプレーができ、たくましい選手に成長していきます。そして、我が部では月1回の「野球部だより」を発行しています。興味のある方は、こちら(k.tsukamoto@hokkaido-c.ed.jp)まで。

男子バスケットボール部

 旭川のベスト4を目指して、現在、選手9名、マネージャー2名の計11名で活動しています。ゲーム形式の練習ができないのが苦しいところですが、練習試合等を通じて大会で通用するチーム戦術を身につけることができるようにしています。
バスケットボールの技術はもちろんですが、目標に向かって努力する姿勢や苦しいことに打ち勝つ精神力を身につけるために日々の練習に取り組んでいます。

女子バスケットボール部

 私たち女子バスケットボール部は3年生4名で活動しています。現在、部員数が足りないため大会に参加出来ていません。何とか新入部員を迎えて9月の選抜大会には出場したいと考えています。人数は少ないですが、明るく元気よく練習しています。ぜひ女子バスケットボール部に来てください。

ソフトテニス部

 5月の高体連、その他各種大会での上位入賞を目指し、日々練習しています。今年度は男子の入部がなく、女子6名で活動しています。昨年度は国体、新人戦、冬のインドアの3大会で全道出場することができましたが、残念ながら上位入賞はできませんでした。全道で上位入賞!を目標に、みんなで頑張っています。

文化系

写真部

~感動を伝える写真を~

 9月の高文連写真展・研究大会で上位入賞を目標に活動しています。 部員個人での活動の他に、富良野周辺での撮影会と夏休みに合宿を行っています。シャッターを押したときの感動が写真を観賞してくれる人に伝わればうれしいです。


緑峰写真部 おもな入選作品
全国総文祭出品作品
  
H29年度高文連全道大会
  

(画像をクリックすると拡大図を表示します。)

吹奏楽局

~心に響く音楽を~

 私達は、依頼を受けたイベントや地域の行事等での演奏機会に、積極的に参加しています。
 7月の学校祭では、開放的な空間の校舎の中庭で、気持ち良くステージ演奏を披露しています。9月には、本校体育館を会場に、定期演奏会を開催しています。また、入学式・卒業式・壮行会等の学校行事での演奏も、大切にしています。
 様々なジャンルの曲にチャレンジして、たくさんの方々に喜んでいただける、心に響く演奏を目指して、部員一同、日々の練習を頑張っています。
 自分達で企画したり、考え、工夫して音楽を創り上げることの達成感・充実感は、最高です!♪

図書局

 昼休みと放課後のカウンター当番、ビブリオバトルの運営、全国読書週間のポスター作製など、図書館を多くの皆さんに利用してもらうために日々活動しています。

演劇部

 演劇部です。基本的に月・水・金曜日の16時00分から18時00分まで稽古しています。平成29年5月に演劇同好会を設立し、学校祭公演・クリスマス公演・富良野高校との合同公演など、継続した活動を展開してきました。平成30年には演劇部に昇格を果たし、今後、活動の永続とさらなる発展を目指しています。 演劇のまち「富良野」の演劇文化の益々の発展と富良野緑峰高校の活性化につなげる活動を行っていきます!

【主な活動】
   5月 演劇工場樋口氏による演劇ワークショップ
   7月 学校祭一般公開での公演
       ハイスクールシアターin演劇工場
  10月 高文連上川支部大会
  12月 クリスマス公演
   3月 卒業公演  など
  

書道部

 私たち書道部は、古典の臨書や創作など、高文連や各種展覧会に向けての作品づくりを中心に、日々練習に励んでいます。

茶華道部

 茶華道部は、現在、裏千家茶道を中心に活動しています。1年を通して基礎や季節のお点前を練習し、学校祭や、茶道部の学生が集まる学校茶道親睦茶会・観光協会とタイアップした国際交流茶席などで、練習の成果を披露しています。

美術・イラスト同好会

 各種デザイン画・ポスターコンクールの作品応募に向けての活動や、学校祭のポスター作成、北海へそ祭りの手伝い等をしています。

学科クラブ

農業クラブ

 園芸科学科の生徒は、全員、農業クラブ員になります。 意見発表大会・実績発表大会・技術競技大会の3大大会での全国大会優勝を目指して、活動に取り組んでいます。
 また、農業クラブ執行部は、校内の農業クラブ行事の企画・運営を行っています。

商業クラブ(珠算・電卓)

 商業クラブは、ほぼ毎日活動し全道大会優勝、そして全国大会で入賞できるようがんばっています。 毎日練習することで、珠算・電卓の操作も速くなり、集中力も身につきます。 これまでに電卓検定10段を取得した先輩もいます。

工業クラブ

 工業高校フェスタや缶サット競技大会、ジャパンマイコンカーラリーへの参加、そして校内の課題研究発表会運営など、精力的に活動を行っています。

商業クラブ(情報処理)

 商業クラブ(情報処理)は、毎年5月と11月に実施される情報処理の大会で上位入賞を目指して活動しています。また、国家資格であるITパスポートや基本情報技術者試験の取得にも力を入れています。商業クラブ(情報処理)では、基本情報技術者試験の午前試験の免除制度が利用できるため合格確率が断然アップします。この制度は北海道の商業高校では4校のみが認定されています。また、全商主催検定1級3種目合格も目指すことができるので、自分の進路実現に一歩近づくことができます。1級を3種目合格すると卒業時に特別表彰もされます。情報処理に強くなりたい方は、私たちと一緒に活動しましょう。