園芸科学科

 「農業と食、環境」を中心に園芸作物の栽培や流通、活用を学びます。

プロジェクト学習

 地域産業や植物などを教材に、専攻班に分かれて、それぞれのテーマを学習するプロジェクト学習に力を入れています。富良野の野菜の活用方法を学習するカレンジャーや、エゾ鹿と農業の関係を旭山動物園と共同研究する班などがあります。

地域と連携

 学習した知識と技術を活用し、駅や市内のホテルで花壇造成を行なっています。市民や観光客の皆さんに心地よく過ごしてもらえるような環境づくりで地域をリードする人材の養成を目指しています。

交流学習

 保健施設の皆さんや幼稚園の子どもたちと、花壇づくりや野菜の収穫を行なっています。
 自分たちの知識を人に伝えることも大切な学習活動です。

資格取得

 各種資格の取得に向けて、系統たてて学べるカリキュラムを編成し、自己実現の機会を広げます。

取得できる資格

  • 小型作業機械作業免許(小型ユンボ、玉掛け、小型クレーン、高所作業車、フォークリフト等)
  • ビジネス文書実務検定(1級~4級)
  • 情報処理検定(2級~3級)
  • 毒劇物取扱者
  • 危険物取扱者
  • ガス・アーク溶接
  • 食品衛生責任者
  • 園芸基礎技術検定(2級~3級)
  • 簿記検定(2級~3級)
資格取得情報のページへ 進路指導のページへ

授業スナップ

専門科目のカリキュラム(H29年以降入学生)

教科科目標準単位数1年2年3年
農業農業と環境3~64
課題研究2~64
総合実践4~822
農業情報処理4~622
野菜4~822
草花4~822
農業経営4~622
食品製造4~822
グリーンライフ2~6▲2
学校設定園芸デザイン2▲2
専門科目小計101210~12

▲は選択科目(家庭科・フードデザイン3年次2単位も選択科目に加わります。)

高い農業後継者率

 この園芸科OBと高校生との繋がりやOB同士の繋がりも非常に強く、今後の富良野農業を担っていく人材が育っています。

園芸科学科の専門科目

農業の各分野に共通する内容をもつ科目
農業と環境

 世界の様々な地域の農業を知り、プロジェクト学習の取り組み方や農業生産の基礎を学習します。

  1. 暮らしと農業
  2. 農業生産の基礎
  3. 環境の調査・保全・創造
  4. 農業学習と学校農業クラブ活動
課題研究

 各班で農業に関するテーマを決めて調査・研究を進めていくプロジェクト学習です。

  1. 調査研究実験
  2. 作品製作
  3. 産業現場等における実習
  4. 職業資格の取得
  5. 学校農業クラブ活動
総合実習

 農場管理実習・草花実習やプロジェクト学習を行います。

  1. 農業の各分野に関する総合的な実習
  2. 農業の産業現場等における総合的な実習
  3. 学校農業クラブ活動
農業情報処理

 日常生活や農業分野などで必要とされる基礎的・基本的な情報活用について学びます。

  1. 産業社会と情報
  2. 情報モラルとセキュリティ
  3. 情報技術
  4. 農業情報及び環境情報の活用
  5. 農業学習と情報活用
農業の経営と食品産業に関する分野の科目
野菜

 野菜の生産と経営に関する基礎的・基本的な知識や技術について学習します。

  1. 野菜生産の役割と動向
  2. 野菜の特性と栽培技術
  3. 野菜の生産
  4. 野菜経営の改善
  5. 野菜生産の実践
草花

 実際に各種の草花栽培をする中で、学習した知識と技術を品質・生産性の向上や、経営改善を考える科目です。

  1. 草花生産の役割と動向
  2. 草花の特性と栽培技術
  3. 草花の生産
  4. 草花経営の改善
  5. 草花生産の実践
農業経営

 簿記の記帳方法と農業経営に関する情報の処理について学習します。

  1. 農業の動向と農業経営
  2. 農業経営の管理
  3. 農業経営の情報
  4. 農業経営の会計
  5. 農業経営の診断と設計
  6. 農業経営の実践
食品製造

 食品の特性と加工方法や衛生管理について学びます。

  1. 食品製造の意義と動向
  2. 食品加工の原理と方法
  3. 食品の特性と加工
  4. 食品加工と衛生管理
  5. 食品の変質と貯蔵
  6. 機械と装置の利用
  7. 生産管理の改善
  8. 食品製造の実践
ヒューマンサービスに関連する分野の科目
グリーンライフ

 地域の特色をいかしたエコツアーや農家レストランなどの地域と連携した農業経営について学びます。

  1. 農山村社会の変化と地域社会の再編
  2. グリーンライフの概要
  3. 地域資源の発見・保全・活用
  4. グリーンライフ活動の実践
  5. グリーンライフ活動
学校設定科目
園芸デザイン

 園芸作物の利用を通じて、自然に対する興味・関心を高め、アレンジを通じて美的センスを高める事を目的とします。

  1. 園芸作物とは何か
    1. ドライフラワーの実際
    2. リース用ブドウ栽培
  2. ドライフラワーの栽培
    1. 播種~定植
    2. ブドウの一般管理
  3. 生活と草花の利用
家庭科科目
フードデザイン

 地域の特色をいかしたエコツアーや農家レストランなどの地域と連携した農業経営について学びます。

  1. 農山村社会の変化と地域社会の再編
  2. グリーンライフの概要
  3. 地域資源の発見・保全・活用
  4. グリーンライフ活動の実践
  5. グリーンライフ活動