校長挨拶

北海道富良野緑峰高等学校長 鎌 田  到

 北海道富良野緑峰高等学校のホームページをご覧いただき有難うございます。
 本校は、平成11年に富良野農業、富良野工業、富良野高校の商業科を併せて開校しました。私たちの経済活動は、第一次産業、第二次産業、第三次産業と分類されますが、本校は、それぞれの代表である農業、工業、商業について学ぶことのできる職業科集合型の専門高校であり、それぞれの産業が関連し合って経済活動が成り立っていることを一つの学校で実践的に学ぶことのできる非常にユニークな学校です。新しい時代を担う地域の産業人の育成を目的として、社会の変化に対応した専門的な教育を実践しています。
 校訓「心豊かに学び考え逞しく」は、互いに鍛えあい、磨きあうことによって、豊かな心を育み、地域の未来を創造する活力ある人材になろう、という願いが込められており、この校訓の下、心の触れ合いを大切にし、心豊かで充実した高校生活の実現を目指して、日々の教育活動に生徒と教職員が心を一つにして全力で取り組んでいます。
 本校校歌の一節に「未来の夢を抱きつつ、風に向かう心あり」とあります。未来に希望を見つけ、そこに向かっていくたくましい心を育むことのできる学校を目指し、日々努力してまいりますので、保護者の皆様をはじめ、地域や企業等の皆様には変わらぬご理解ご支援を賜りますようお願い申し上げます。